My TOUCHSTONE

半人前ママがいつか娘に伝えたい事、子育ての記録。

2階リビングで光熱費を節約する方法!

最近よくあるタイプの3階建の戸建は、リビングが2階が多いですよね。

そしてさらにあるあるなのが、階段上がったらすぐにリビングでドアがない。

 

うちは買った時が秋だったので気にならなかったのですが、エアコンを使い始めて「あっ!」っとなりまして(笑)ドアをつけようか悩んだ結果、ロールスクリーンをつけることにしました

光熱費や空調の問題、音の問題を含めてレビューしたいと思います。

 

 

2階リビング ドアなしの住み心地は?

 

元々戸建育ちとしては2階リビングにそんなに違和感はなかったのですが、やはり階段上がってすぐリビングってなんだか変な気がしますね。

 

特に子供が小さい時には、一歩間違えると真っ逆さまに階段から落ちてしまうので気がきではありませんでした。

 

階段のところにベビーゲートを設置していたので、気になる方はこちらの記事を。

www.misszoo.net

 

引き戸やドアを後付けすることも考えてリフォームをしている友人に家を見てもらったこともありました。

階段を上がって、最後の一段でドアを開け一歩上がって部屋に入るのも変な感じですし、引き戸にするにもリビングの中にレールを敷かなければならず・・・やはりちょっと無理があるなぁという結論に至りました。

 

家の作りによっては横にスライドするタイプの引き戸をつけるのはアリかな?と思います。

 

エアコンをつけないシーズンは、家の中の空気が通りやすいのでむしろドアがなくてよかったと思います。

 

 

2階リビングの階段にロールカーテンをつけてみた

 

実際にうちでつけているロールカーテンです。

f:id:babyintokyo:20220727122113j:image

 

部屋のインテリアやシステムキッチンの色に合わせてダークブラウンにしました。

寸法は左右1cmくらいずつ実際の枠より広めでオーダーしたので、階段の電気がついている時には若干下から光が漏れる程度で遮光性もバッチリです。

 

光熱費の面でもかなり効果は高いと思います。

というのも、夏は冷たい空気は下に行くので、上の階に行く階段のロールカーテンを開けた瞬間、モワッとするくらい気温が違います。

また下の階に行く階段は冬になると非常にわかりやすいです。

足元から冷たい空気を感じるのと、やはりロールカーテンを開けた瞬間、階段の空気が冷たいのがよくわかります。

ブラウンは汚れも目立ちにくいですし、一応洗えるタイプなので良い買い物をしたなぁと思っています。

 

 

2階リビングにロールカーテンをつけるメリット

 

もちろん光熱費の無駄をなくすこともですが、ロールカーテンをつけることで空間がきちんと仕切られ、プライベート感、ドアの代わりの役目を果たしてくれていると思います。

 

というのも、音の遮音性も若干あるので、1階と3階の生活音があまり気にならない気がします。

 

視界がシャットアウトされているのもあって錯覚効果も高い気がしますが(笑)

なんとなく夜になると、3階で子供が寝ているのでリビングから上に上がる方のロールカーテンは子供が寝た後はおろす習慣がついています。

 

またロールカーテンのメリットとしては、リビングにキッチンもあるので臭いが残る料理をした時などは、開けておくと臭いがすぐに飛ぶのもいいですね。

 

夜寝る前に、両方のロールカーテンを上まであげておけば、翌朝ニオイはほとんど気にならなくなっています。

 

他に、ロールカーテンのメリットとしては、色や素材の選択肢が多いという点にもあると思います。

うちでは現在、ダークブラウンを使っていますが、部屋をもう少し広く見せたいなら白もアリかなって思いますし、差し色を選んでもおしゃれな雰囲気になりそうですよね。

 

またドアや引き戸を一度設置してしまったら、取り外すのもまた手間がかかりますが、ロールカーテンは使わない時は上にあげておけば良いのがいいですよね。

エアコンを使用するシーズンや、必要な時だけ下ろして、エアコンが必要のない時はロールカーテンはあげたままにしてあります。

 

 

2階リビングでロールカーテンを設置するデメリット

 

ロールカーテンがあると、最初はいちいち上げ下げしていたのですが、そのうち横の隙間を暖簾のように手で避けて出入りするようになります(笑)

特に3階からリビングに降りて来る時には、足元にあるので100%手で上げ下げはできません。なので、下の写真のように横が少しずつ波打ってきてしまいます

 

f:id:babyintokyo:20220727122109j:image

 

すでに丸7年くらい使用しているので、まあ仕方ないかな?と思いますが、素材によるかもしれませんが、きれいな状態を保ちたいなら5年に1回、最低でも10年に1回くらいは買い替えるつもりで買った方が良いと思います

 

 

でも、壁紙の張り替えや部屋の雰囲気を変えるのに気軽に買い替えできるのは意外とメリットかなと思う面もあります。

 

 

2階リビングのロールスクリーンの値段

 

ロールスクリーンは、幅と長さ、素材で金額が変わるのですが、うちでオーダーしたのは1つ当たり1万円を切っていました。

リビングに2つ設置したので、2万円以下です(笑)

 

5年使用したとして、1年間に4,000円の光熱費が削減できれば元が取れる計算です。

実際にロールスクリーンを閉めずにエアコンを1か月使い続けたことがないので、はっきりしたことはわかりませんが、ロールスクリーンがないと暖かい空気はどんどん上の階に逃げていってしまいますし、夏はなかなか部屋が涼しくなりません。

 

またロールスクリーンのメリットのところにも書きましたが、光熱費以外のメリットも十分にあるので、1つ1万円以下はかなり破格の安さではないかなぁと思っています。

 

2階リビングでエアコン光熱費に頭を悩ませている方、2階リビングが理由で自宅の購入を悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

 

www.misszoo.net