My TOUCHSTONE

半人前ママがいつか娘に伝えたい事、子育ての記録。

パワーカップルはずるい?パワーカップルになる方法

最近よく耳にする言葉「パワーカップル」。

 

前回はパワーカップルのキーとなる女性に焦点を当てた記事を書きました。
今回はどうしたらパワーカップルになれるかについて書いてみたいと思います。

 

前回の記事。

 

www.misszoo.net

 

 

パワーカップルになる収入条件。

 

まずはパワーカップルの条件をおさらいしましょう。

前回の記事でも記載しましたが、パワーカップルの条件は以下です。

 

  • 夫婦共に高収入(年収700万円以上)
  • 世帯収入が1000万円以上、かつ正社員
  • 夫の収入が600万円以上、妻の収入が400万円以上

 

カップルの組み合わせにもよりますが、男性に焦点を当てた場合の最低年収は500万円以上、女性に焦点を当てた場合は最低年収が400万円以上、がパワーカップルの条件を満たす可能性があります。

 

次に条件をクリアするために、どうしたら良いかを検討したいと思います。

 

 

パワーカップルになるためにできることは?

 

今、現在働いている人は、今の会社で成果を出せば給料が上がる見込みがあるのかないのかが大事な要素になると思います。

 

転職にはそれなりにリスクがあるので(人間関係や実際に入社してみないとわからないこともあるので)、パワーカップルの条件をクリアしたい人は、まずは今の会社で実現可能か検討するのが良いと思います。

 

今の会社で給料アップが見込めない環境の場合は、転職するか、副業が可能であれば副業にトライするのが現実的だと思いますが、どちらもそれなりにリスクとパワーが必要なことなので、よく検討する必要があると思います。

 

実際に私は転職でかなり年収は上がりましたが、ハイリスクハイリターンというか、実績に応じてかなりの給料は見込めるものの、実績が出せなければ前職よりも給料が下がるリスクも抱えていました

また夫も社会人になってから数年間大学院に通っています。その間は私の収入で生活のほとんどを賄う期間がありました。

 

大幅な収入アップを叶えるには、時には数年単位での準備期間や自己投資、覚悟が必要となることもあります

 

パワーカップルになるための条件をクリアしている業界は?

 

上に書いた男女別の条件、男性は年収500万円以上、女性は年収400万円以上って意外と頑張れば行けるんじゃないかって気もしますよね。

 

特に首都圏、大阪、福岡、名古屋など大都市圏で暮らしていて、大卒で上場企業に入社した場合は割と普通にクリアできる年収かもしれません。

 

しかし1番上の夫婦共々年収700万円以上となるとグッとハードルが上がりますよね

ここまでくると本人の社内の頑張りだけではなく、どの業界で働いているかも重要な要素となると思います。

 

業種別モデル平均年収をみてみましょう。

 

tenshoku.mynavi.jp

 

1〜3位までは金融が占めてますね。

特に転職サイトなので、ある程度の経験者を募集している平均年収と仮定するとちょうど結婚したり、家庭を持っている年代に相当すると思います。

 

次に環境設備関連、専門コンサルタント、不動産、住宅・建材・エクステリア、生命保険・損害保険が続きます。

 

年収700万円を超えている業界はここまでです。

 

こちらの業界動向サーチは、もっと細かい業界でランキングが出ています。

トップ50までのうち、46位までが700万円以上になっているので、このランキングの方が参考になるかもしれません。

gyokai-search.com

 

特に同じ職種、例えば営業や経理など、同じ仕事をしていても業界が変わるだけで給料が上がる職種で働いている人は、転職するだけで給料が大幅にアップするケースもあるので、こちらのランキングを参考にしてもいいと思います。

 

 

パワーカップルになる方法

 

住んでいる地域によって住宅費用や生活費に差が発生する分、同じ生活実感の可処分所得は変わってくると思います

 

最近、メディアで話題になっている「パワーカップル」はあくまで首都圏で暮らす人の目安になるのではないかなと思います。

実際に生活している暮らしているエリアで、ややパワーカップルの定義、特に年収定義は変わってくるのではないかなと思います。

 

 

www.misszoo.net

 

www.misszoo.net

 

www.misszoo.net